精密機械メーカーを掘り下げる

>

精密機械メーカーに向いてるタイプはこんな人

精密機械メーカーに適正がある人

製造業に向いている人は、ずばり自社の製品を愛せる人です。営業、スタッフ、製造、その他部門も自分の会社の製品を好きにならないと始まりません。好きでなければ長い期間努めることはできません。製造業のどんな業種でも共通のマインドセットです。
そのマインドを持った上で、今後はゼネラリストよりもスペシャリスト志向になっていくでしょうからどの部門が適当かは学歴などで判断していきます。精密機械メーカーですし、機械を専攻していた人が研究職になっていきますが、稀少性を考えれば専門知識をもった営業職として活躍できる可能性もあります。また、コスト意識はどの部門であっても大切なので会計知識も重要です。
精密機械メーカーでは、スタンドプレーではなくチームプレーで成果をだしていきます。みんなで達成したことを喜べる人物である必要があります。そして、やりがいもそこにあります。

未来予想も入れた狙いの職種

AIの登場によって、様々な仕事が置き換えられていくでしょう。そうなると精密機械メーカーマンとしても戦略的に生きなくてはなりません。AIで置き換えた時のコストメリットの有無と置き換えが実現するまでの期間が長いかどうかが判断材料になります。精密機械メーカーとしては技術伝承は最重要課題ですから一番に手をつけるはずです。少しの間は、AIに教える先生としての役割は残りますが遠からずなくなる可能性があります。
狙うのであれば、マーケッティングです。担当範囲も広く、AIに最も置き換えにくい仕事です。価格戦略から生産数量の決定など多岐に渡りますからマーケッティングの経験は経営者になった時の助けにもなります。同じ会社に一生涯属するのも時代遅れとなりますので、他社でも通用する視点を常に持って業務することが大切です。


この記事をシェアする